きらめきのフォークミュージック 俺たちの旅

4枚目の「俺たちの旅」からはこれがオススメ!

 

きらめきのフォークミュージックの4枚目、俺たちの旅からのオススメ曲を紹介して生きます。
きらめきのフォークミュージックの時代の曲は個人差が大きいので、だから他人の意見や口コミって重要になってきます。

 

思い込みでったり、当時の忘れかけていた話が出てくるのは嬉しいものです。
個人的には2曲が気になって仕方がないものがありました。

 

 

 それが「白いブランコ」と「精霊流し」です。

 

知らない人はいない!それでいて嫌いな人もいない!そんな名曲です。
口コミではどんなことが言われているでしょうか?

 

 

白いブランコ、精霊流しはたくさんの口コミが!

 

 

精霊流しの口コミ

 

「私の命より、多くの人が消えてしまうのがとても辛くて、聞くたびに泣いてしまいます。
どうか親よりも先に行かないでくださいね、って呼びかけたくなります。」

 

 

「確かさだまさしさんが20歳ソコソコの時でしたよね。
こんなにこっtバト歌で語りかけることができる、さだまさしさんの才能に驚愕でした。」

 

 

「日本語って素晴らしい!ということを改めて感じてしまう歌です。
アナと雪の情報でも日本語の歌詞が注目されていたそうですが、精霊流しはそれ以上、というか本質をついていますよね。
説得力が異常です。本物の歌を聴くと、巷のいわゆるお歌でも言葉の深さを探ってしまうようになります。」

 

 

「40年近く前に一人で東京に通っていたお気によく聴いていました。
歌詞も意味も素晴らしくって、長崎出身の若者は涙したものです。
昔から好きだったのに、この曲から特に好きになりました。」

 

 

「身近な人が亡くなっていくたびに思い出してしまいます。
この歌には別な大きな力があるように感じますね。
15年くらい前ですかね、初めてさだまさしさんのコンサートに行った時に泣いてしまいました。」

 

一方で白いブランコはビリーバンバンの代表曲。

 

兄弟のフォークデュオが作った名曲です。
1966年に毛制されたからメンバーチェンジを経て二人組になりました。

 

アマチュアの頃からすごい腕前だと話題になっていたため、トントン拍子のメジャーデビュー、本来は星空のハプニングという曲のB面で収録されるはずが急遽いれかわt白いブランコがA面に変わったそうです。

 

その後には解散をしたもののファンからの熱い希望があり再結成。
きらめきのフォークミュージックでは当時の一番いい録音が収録されていますね。

 

 

きらめきのフォークミュージックは全てがいつに収まっているのが魅力!

 

 

きらめきのフォークミュージックを購入して自宅で毎日聞いてみませんか?
確かに番組で予約をして画面とともに聞くのも楽しいでしょう。

 

 

しかし、いつも「続きがきになる・・」となっていませんでしたか?

 

その希望を叶えられるのがきらめきのフォークミュージックなのです。
テレビでやっていないものの中には聴きたい曲がたくさんあることはわかってきたと思います。

 

9480円であなたは毎日の楽しみを手に入れることができるかもしれません。
ここで一歩踏み出すことで、きらめきのフォークミュージックの魅力を最大限に感じてみましょう!